ディレイアBBクリームの成分「ヒト幹細胞培養液」の効果は?

最近、「ヒト幹細胞成分配合」といったキャッチコピーの高額な美容液をよく見かけるようになりました。

ですが、メイクアイテムにヒト幹細胞が配合されているものはまだまだ少ないですよね。

ディレイアのBBクリームが他のメイクアイテムと一線を画す点は、ヒト幹細胞培養液配合だという点です。

口コミでも「メイクしながら肌再生が期待できるなんてすごい!」と、評判になっています。

「ヒト幹細胞成分配合」というと、それだけですごい!と思ってしまいますが、実際にどのようなメカニズムで美肌に効くのでしょうか?

今回は、ヒト幹細胞成分配合のディレイアBBクリームが美肌に効果的な理由について調べてみました。

▼ディレイアTO BBクリームについて詳しく見てみる▼
ディレイア

ヒト幹細胞成分が美肌に効く仕組みとは?

ヒト幹細胞には「自己複製」と「多分化」という能力があります。

「自己複製」とは、自分と同じ能力を持った細胞のコピーを作る力のこと。

「多分化」とは、他の細胞になれる力のことです。

人の肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっていて、これがターンオーバーで入れ替わることで新しい細胞に生まれ変わります。

モチモチ、プリプリの肌でいるためには、この細胞の生まれ変わりがスムーズに行われることが大切。

そのためには、細胞をつくる元になる細胞である「幹細胞」が元気な状態で、たくさんあることが必須条件となるんですね。

赤ちゃんの肌がプリプリなのは、幹細胞が多くて元気だから。

ですが年を重ねるごとに、幹細胞は減少して能力も衰えていきますし、ターンオーバーの周期も遅れがちに。

そうすると、シワやたるみ、シミ、くすみなどが目立つようになるわけです。

そこで、現在最先端のエイジングケア成分として注目されているのが「ヒト幹細胞培養液」です。

肌に塗ることで元々の肌にある幹細胞を活性化して、自己複製と多分化の能力を高めてあげようというわけですね。

自己複製と多分化の能力があるヒト幹細胞培養液は、再生医療で注目されている「ES細胞」や「IPS細胞」と同様に再生する能力があるということ。

このため、「細胞レベル」の化粧品成分ということで、究極のアンチエイジング成分として注目を集めているというわけです。

しかも、ヒト幹細胞培養液は従来の粧品成分と比べて効果が長持ちします。

普通の化粧品成分は洗うと落ちてしまいますよね。

でも、ヒト幹細胞培養液の場合、細胞のスイッチを入れるという効果があるため、一度細胞が目を覚まして活性サイクルに入れば、落とした後も効果が持続するんです。

だから、使い続けることで、どんどん美肌に近づけるというわけなんですね。

さらに詳しく

ちなみに、「幹細胞配合」という化粧品はたくさんありますが、幹細胞の原料に注意して選ぶようにしましょう。

植物由来の幹細胞成分ではその効果はほとんど期待することができません。

ヒト由来の成分(ヒト幹細胞培養液)を使用することで、初めて人間の細胞にスイッチを入れることができるんです。

ディレイアBBクリームに配合されている「ヒト幹細胞培養液」は、人体の脂肪組織から抽出した幹細胞を培養したもの。

培養時に分泌されるコラーゲンやヒアルロン酸、サイトカイン、抗酸化成分などを豊富に含み、皮膚組織の再生を促進してくれます。

ヒト幹細胞培養液の安全性は?

ディレイアBBクリームに配合されているヒト幹細胞培養液の原料として使用する幹細胞はヒトから採取されるわけですが、その安全性はどうなのでしょうか?

ディレイアBBクリームに配合されているのは、ADSC-CMという脂肪組織由来の「ヒト幹細胞培養液エキス」。

ADSC-CMについて調べてみましたが、最も安全性が高く、実用化が進んでいる成分だそうです。

ADSC-CMの原料となる幹細胞を提供するドナーに対してはウィルスや細菌に感染していないか、慢性疾病(アレルギー)などではないかなどの厳しい適合検査が行われます。

その検査をクリアしてできた培養液に対しても構成成分の検査とGLP検査が行われるそうです。

GLP検査というのは、設備・機器、組織・職員、検査・手順・結果等が、安全かつ適切であることを保証する基準のことなのですが、化粧品でGLP検査を行うケースはほぼないそうです。

ディレイアBBクリームに配合されているヒト幹細胞培養液については、GLP検査をクリアしているので、一般的な化粧品成分と比較しても安全性が高いと言えますね。

ディレイアBBクリームの成分は科学的根拠に基づいた「コスメシューティカル」

ディレイアBBクリームが画期的なのは、ただ単にヒト幹細胞培養液を配合しているからというだけではありません。

ヒト幹細胞培養液単体ではなく、肌専用に開発されたビタミンC誘導体、線維芽細胞の働きに特化したペプチドと合わせて配合しているんです。

ビタミンC誘導体やペプチドと合わせて使うことで、ヒト幹細胞培養液単体で使うよりも早く効果を実感できるので、使い続けるモチベーションもアップ!

それに、ビタミンCとペプチドが素早くお肌の状態を整えることで、ヒト幹細胞培養液の働きを大きくサポートしてくれる効果もあるんですって。

この3つのミクスチャ原料はSC-MAXと呼ばれる革新的な成分で、コスメシューティカル。コスメシューティカルとは、科学的根拠に基づき、効果が検証されたスキンケア製品なんです。

単純に原料としてのヒト幹細胞培養の効果だけではなく、最先端テクノロジーと掛け合わせることによって肌本来の再生力がよみがえるというわけなんですね。

高機能成分も浸透しないと意味がない

いくら高機能な成分を配合していても、これが肌に浸透しないと意味がありません。

特にヒト幹細胞培養液は分子が大きいため、ただ肌に塗っただけでは浸透しにくいという特徴があります。

ディレイアBBクリームには世界トップレベルの浸透技術「イノベーティブ3Dナノテクノロジー」が使われています。

これは医薬品の浸透技術として開発されたもので、高機能な有用成分をより持続的に安定して肌に浸透させることができるんです。

界面活性剤を使わなくても肌に浸透する技術なので、敏感肌の人でも安心。優しく効果を発揮します。

この浸透技術により、美容成分は素早く角質層の奥まで届けますが、色素パウダーは肌の表面に残って均一に拡散するから紫外線防止効果もバッチリなんですよ!

まとめ

ディレイアBBクリームに配合されているヒト幹細胞培養液が美肌や若返りに効果を発揮する仕組みや安全性についてご紹介しました。

使い始める前は「ちょっと高いな・・・」と思うかもしれませんが、使い続ければ続けるほどヒト幹細胞培養液のすごさを感じるため、やめられなくなります。

公式サイトではお得な定期コースが用意されているので、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

定期コースといっても、初回だけ受け取って2回目からは解約することもできるので、安心ですよ。

ディレイアTO BBクリームの公式サイトはこちら

更新日:

Copyright© ディレイアBBクリームの口コミは?40代ファンデジプシーの本音をレビュー! , 2019 All Rights Reserved.